SEARCH

2023.05.01

エイスクエア店 店長 中浦さんへ直撃!釣りトーク!

今月のスタッフヴォイスは、エイスクエア店 店長 中浦さんへインタビュー!釣りを愛してやまない中浦さんに、その愛を存分に語ってもらっちゃいました。なかなか聞けないディープな釣り話をたくさん聞くことができましたよ。今回は大ボリュームです!
さっそく、お気に入りのルアーや釣り竿について熱く語ってもらいました!

新品のルアーもかっこいいけど、使い込んだ後のやつが、もう、勲章みたいなものなんですよ。この辺とか全部、魚の歯形で。

こういうのを家で見て、お酒を飲みます(笑)「今日は良かったなぁ」みたいな思い出に浸りながら飲みます!そういうのが楽しいですね。

これとかも、可愛いでしょ?ハチの形。名前もスズメバチなんですよ。これはTwitterでのみ販売されていて、作り手さんに「ください!」って直接DMを送って購入するんですけど。3匹サイズ違いがいます。めっちゃ可愛いでしょ!

可愛いです!釣る魚によって、ルアーのサイズを変えたりされるんですか?

そう。あとは日によって違ったりしますね。竿とかも色々あるんですけど。軽めの魚に投げたりするやつなんですね。スピニングっていうやつなんですけど。これで水面から見えている魚に目掛けて投げて、釣るっていう。

他にもこれとかだと、物陰に隠れている魚に落として、誘って食わせるんです。色々とね、あるんですよ。面白いでしょ?

面白いですね!ルアーそのものが色鮮やかなので、見るだけでも楽しめますね。

そうなんです。ルアーはカラーだけでも、人を魅了するんですよ。1個のルアーが発売されたら、何種類かカラーがあるので「どの色にしよう?」って悩むのも面白いですね。

これは関東にいる作り手さんから貰ったルアーで、選ばれた人しか貰えないルアーなんですよ!こいつは2代目ですね。G BUDっていうブランドのものです。

釣りをしない人でも、見ているだけで楽しめちゃいますね。

ルアーの話だけでだいぶ話せますね(笑)今日は他にも持ってきました。実は息子からも借りてきました!

これは息子の手作りですね。こういうのを2人で家で作って遊んだりしています。ほぼ100均で作りました!

あとはこれ。基本的にブラックバスを狙っているんですけど、正直このルアーでは1回も釣ったことがないんです。元々は海でシーバスって、スズキとかを狙うルアーなんですけど、これを使って淡水で釣りたいと思ってます。

このルアーで釣れるんですか?

食いつきにはきます。水面で動かしたらバーン!って出てきて、動かしたら食いつきにくるから、それだけで満足ですね。

傷が凄いですね!

このルアーをこれだけ使った奴はいないと思う(笑)これでブラックバスを釣るのが夢ですね。
あんな小さいルアーからこんな大きいやつまであって、最近は「こんなん釣れるんか?」っていうルアーで釣るのが夢(笑)これでブラックバスを釣った人は、僕が確認している限りでは全国で2、3人だけですね。

夢がありますね!

夢があります。ちなみにこの竿も、世界でたぶん150本くらいですね。岡山県のインディーズのルアーブランドが作っているものなので、あんまり本数を出してないんですよね。

あと最後にこれ!おニューの竿!超おニュー(笑)
さっきのに比べたら、めちゃめちゃ短いんですよ。これは夏場に楽しもうっていう竿ですね。で、リールは20年前のやつを超美品で見つけて。最新のやつも好きなんですけど、最近は昔自分が学生の頃に買えなかったやつを中古屋さんで見つけて買うのが楽しい(笑)

大人の楽しみ方ですね(笑)

そう。SDGsです(笑)

お休みの日は、ほとんど朝から釣りに行かれているんですか?

必ず行ってますね(笑)でも琵琶湖の本湖では釣ったことなくて。彦根港とかそういうところでは釣っているんですけどね。

…いつ釣りにハマったのかとか、言わなくて良いんですか(笑)全部考えてきましたよ!

聞きたいと思ってたんです!いつから釣りにハマったんですか?

釣りとの出会いは、実家から歩いて15秒くらいのところに池があって、そこにブラックバスがいたんですね。あんまり興味はなかったんですけど、中学生の時に同級生の子がそこへ釣りしに来ていたんですよ。それを見た時に、持っていた竿とかリールが「めっちゃカッコいいな!」って。すごく良いなと思って。

それで友達と「俺らもやろっか」って一式買ってやり出したんですけど、1年間くらい何も釣れなかったんですよね。で、その友達もずっと釣れなかったんで「ほんまにやめようかな」って思ったんですけど、そう思ったその日に3匹釣れて!その時の感動が忘れられなさすぎて、そこからどハマりですね。

それは凄いですね!

もうヤバいです、ほんまに。そこからずっと休みの日は行き続けて、今まで変わりなく続けている唯一の趣味ですね。

息子が生まれたときに、子どもが可愛すぎて「もうええかなぁ」と思って、1年間くらいやらなかった時期もあったんですけど(笑)いざもう1回行ったらやっぱり面白すぎて、そこからまたどハマりですね(笑)

第一次ブーム、第二次ブーム、みたいな。

そうそう(笑)で、そこからブログを始めたりとかして。「誰よりもデカいやつを釣りたい」という夢があって。で、ブログをやっているうちに全国の人がコメントをくれたりして、出会っていって、貴重なルアーをもらうきっかけになったりしましたね。

その当時はLINEが出始めた時くらいで、その人たちとLINEグループを作って、どんどん密になっていって、で、さらにハマってしまって、貴重なルアーをもらったりして。そうすると、「このルアーで釣らなあかん」という使命ができるっていう(笑)

釣り仲間の人から、ルアーの作り手さんが琵琶湖で使ってくれる人を募集しているっていうことで、「ぜひ良かったら立候補してみてください」と薦めてもらって、立候補したら選んでくれはったんですよ。そういう経緯で貰ったうちのひとつが、このルアー(G BUD)。貰った以上はやっぱり釣らなと思って、こればっかり投げ続けていたんです。一応このルアーはレコードホルダーですね。57cm。

え、凄い!

でも、今みんなが意識していたり、夢やと思ってるサイズは60cmなんですよ。ちなみに僕の自己記録は、ブラックバスの62cmです!

で、そういう色々なこともあってどんどんハマっていって、昔近江八幡にあったAQUA21店にいた時とかは、休みの前の日になると、仕事から帰って夕飯を食べてから、そのまま一晩中釣りに行ったりしまくってましたね(笑)

夜の琵琶湖は暗いし物騒やしっていうので、めっちゃ怖い思いもしましたけどね。昼に比べて、夜の方がよく釣れるので行き続けていましたけど、もう今は歳で無理(笑)

今は、息子が釣りにどハマり中ですね。

よく一緒に行かれるんですよね。

めちゃめちゃ一緒に行ってます。今までだと「自分がデカいの釣りたい」って感じだったんですけど、今は息子が釣ってくれることが一番幸せですね。

師匠と弟子みたいですね。

そうそう、そんな感じ!(笑)もう友達なんですよ、釣り仲間みたいな。今年は息子の方が僕より釣っていますね。俺のこと超えたかも。超えたまではいかなくても、成長したなと。それが凄く嬉しいですね。

いいですね。息子さんの成長を見守りながら、一緒に釣りを楽しめるといいますか。

そう、それが至福ですね。

じゃあ、最近は基本的に息子さんと一緒に釣りに行かれているんですか?

そうですね。ただ、息子が中学生になってからは、部活や塾があるからなかなか行けないので、たまに予定が合う日とか部活の無い日とかは、もう、2人ともワクワクして(笑)
息子が学校から帰ってきたら、「行くぞ!」って、すぐ行きます。

その時の僕のスケジュールは、仕事から帰ってきて、夕飯食べて仮眠して、朝の3時に起きてそこから大体11時くらいまで釣りに行って、1回家に帰って、昼食を食べて、息子が学校から帰ってきたら一緒に釣りに行って、夜に帰ってきます。あとは釣具屋さんに行ったりとか。何も予定のない休日は、そんな感じです。

いいお休みですね!

充実しているんですけど、釣れなかったら悔しいですし、朝イチで釣れへんかった日は凄いブルー(笑)しかも朝イチなので1日が本当に長い…。

なるほど(笑)そういう時は、昼の部に賭けられるんですか?

そう。でも昼の部は息子がいるので、そんなに投げないですね。「そこ投げてみ」とか「あの場所にいるんちゃう?」って教えて、投げさせてあげたりしてます。

また違った楽しみがありますね。

そうですね。釣りって、不思議と人と人を結びつけてくれるんですよね。僕も息子もそれぞれTwitterをやっていて、お互いのアカウントで「息子と一緒に釣りしてます」、「お父さんと一緒に釣り来てます」っていう投稿をしていたら、色んな人が共感してDMを送ってくれて、バスボートに乗せてくれたりしたこともあります。

そのバスボートのオーナーさんは、去年から琵琶湖でバスボートのガイドをされている方なんですけど、結構大きなブランドと契約されている人なんですね。そのガイドさんとは別に、僕たちに声をかけてくれた人は、かなり手広く仕事をされている方だったんですよ。

そういう人たちと一緒に船に乗っていると、息子に色んな話をしてくれるんですよね。人生の教訓というか。学校の友達とは違う人たちと知り合える、釣りで繋がっている人が結構いるんです。息子の成長を一緒に考えてくれる人もいたりしますし。

なんだか良いですね。趣味を通して、新しい出会いがあるといいますか。

息子自体も、将来は釣りで食っていくって言っていますね。

凄いですね!

なので高校生になったら部活せずに、釣具屋さんでバイトして、地道に釣りの世界へ飛び込んでいくっていうヴィジョンを持ってくれていて。それはすごく嬉しいですね。

なんだか釣りって深いですね。

深いですよ!(笑)基本はバスフィッシングなんですけど、なんでも釣れたら嬉しいですね。僕は。バスフィッシングしたらナマズも釣れるし、コイも釣れるし。コイだと110cmを釣りましたね。息子は92cmを釣ってました。

凄く大きいですね!

デカいです。20〜30kgくらいありましたね。あとブラックバスも息子に釣られましたね!「俺釣れてへんけど」みたいな(笑)でもそういうのが嬉しいですね。

最初は「俺が師匠や」みたいな感じで思ってたんですけど、今となっては良きライバルになってますね。小学4年生から一緒に釣りをし始めて、本格的にするようになったのが6年生くらいですかね。で、中学生になってからは友達と行くようになって、早朝から電車に乗って大津まで行ったりしていますね。

今までは釣れても20〜30cmくらいのやつだったんですよ。さっき言ってた60cmは、一生に一回釣れたら良いかなっていうサイズで、50cmくらいだとみんなが「うわ、デッケー!」ってびっくりするサイズなんです。

僕がいない時に、その50cm級のブラックバスを釣った写真を、いつ送ってきてくれるのかなって思っていたんです。そしたら去年の秋くらいに、朝に家を出てから連絡がなかったので、「無事に着いたんか?」ってLINEを送ったら、「事件や!」って55cmのブラックバスの写真を送ってきて。その瞬間に「あ、もう違うな」と。「これはもうライバルになってきたな」と(笑)

その瞬間は最高に嬉しかったですね!その日は仕事だったので、家に帰ってから息子と大興奮で話してました。そうやってどんどん釣れたっていう実績ができると、息子もハマっていくし。

釣れたら嬉しいですもんね。

もうどっぷりですね。沼やね(笑)ルアーは買うし、釣りも行くし、みたいな。ルアーも「なんでそんないっぱい買えるねん!」ってくらい買ってますからね。「俺より買ってるやんか!(笑)」って。

凄いですね、2人して沼にどっぷり。

そうそう。だから家にはもっと竿とかもありますし。

ちなみに、今回持って来られた竿は?

自慢したい竿です(笑)ルアーももっと家にあって、部屋の壁にネットみたいなのを付けて、そこに1個1個引っ掛けてるんですよ。それもめっちゃ気持ちいい(笑)

見る楽しみですね。

そう、見る楽しみ。それを見ながらお酒を飲む!飲みながら「このルアーはな〜」って語る(笑)そういうのが楽しいですね!

コレクション要素もあるので、揃えるだけで満足というか。コレクター欲が出てきますね。全部のカラーを揃えたい!って。もうほんまに沼ですね。人気のルアーはオンラインでも秒殺で、発売から完売まで1分保たないことも余裕でありますし。店頭販売やったら、発売前に並んでる人もいたりとか。もうスニーカーと一緒のノリですね。

集めたくなるというのは分かる気がします!見るだけでも満足できそうですね。

そうなんですよ。それを見ながら、「次の休みにはこれ使うぞ」って想像する楽しみもありますし。だから釣りは、仕事を頑張るためのエネルギーになってくれていますね。「この仕事頑張ったら、次の休みは釣りに行ける!」っていう。そういうのがあるから、仕事との良いバランスが取れているのかなって思います。それがあるから頑張れるというか。

釣りのパワーって凄いですね。

それしかあんまり趣味がないから(笑)他にも映画を観たりすることもあるんですけど、釣りに勝てるものは全くないです(笑)中学生の時から僕の生活の中に釣りがあるので、もうやめられないですね。最高です。釣りは。

僕はいつも大津のあたりでよく釣っているんです。浜大津あたりは公園みたいになっているので、ランニングしている人とか散歩中の人とかがいてはるんですけど、ずっと通っているので顔見知りになるんですよ(笑)朝イチ行って挨拶したり、挨拶してくれはったりしますし。「でっかいの釣れたなー!」って言ってくれたりとか(笑)あったかい。

釣りを通して、人の温かさに触れられますね。

触れられますね!あとはめちゃめちゃ綺麗な景色が見られる!季節によって、空がオレンジ一色になったりとか。そういうのが見られるんですよ。

僕は雨が降ろうが雪が降ろうが、絶対休みになったら行くんですけど、ある時期になると太陽が登った瞬間にバーン!って、一面がオレンジ色になる景色が見られるんです。その瞬間は凄まじいものがありますね。あとは季節によって空気の感じ方が変わるというか、四季の移り変わりを肌で感じられるのが最高に気持ちいいですね。全てをまとめると、琵琶湖があってよかったなって(笑)滋賀県民でよかった!

琵琶湖は日本中の釣り人が憧れて来るところですからね。キャンプをする人も増えてますし、でもそれによってゴミが増えたことが問題になっているんですよね。毎回ではないんですけど、釣りに行った時、息子と一緒にゴミ拾いしています。息子にもそういうのをわかってもらえたらと思って。でも今は自分からしてますね、むしろ。釣りから帰ってきて息子のカバンを開けたら、ゴミだらけになってたりしてますね(笑)

そういう釣りのゴミとかのマナーが良くないこともあって、全国的にも釣り禁止の場所が増えてきていて、僕ら釣り人のせいで釣りが禁止になったら元も子もないから、ゴミ拾いしてますね。そういう人が、僕の周りは多いです。SNSで投稿したり、ゴミ拾いの活動を定期的に開催してはる人もいますし。釣りをずっと楽しんでいきたいから、やれることはやっていきたいなって。

会社でも毎月清掃活動をやっているので、そういうのがどんどん広がっていったらいいなと思います。

最後に一言お願いします!

自分にとって釣りというのは、人生を楽しむ最大の趣味だと思うので、体力が保つ限り仕事も頑張りつつ、釣りも頑張っていきたいですね!

今回は中浦さんに、お気に入りのギアから最近の釣り事情まで、たくさん語っていただきました。もしかしたら、釣りをしている中浦さんに出会えるかもしれませんね!釣りがお好きな方は、ぜひ中浦さんに会いにエイスクエア店へ遊びに来てください♪
次回はどんなスタッフが語ってくれるのでしょうか?来月もお楽しみに!

Pick Upピックアップ

  • 【5/1 更新】スタッフが<br>自由に語ります!
  • 話題沸騰中の新ブランド「anuke(アンヌーク)」。
  • タコマのTシャツで、夏を始めよう!
  • スタッフ8人、8通りのフレッドペリー♪
  • ごきげんなクラブ<br>THROWBACK WASTE CLUBって?
  • 今月はNEWスタッフをご紹介!<br>HAVE A NICE DAY
  • メンズバイヤー北相模がイチオシアイテムをご紹介!
  • スタッフSHIHOがこの夏着たい、トップス&ワンピース♪
  • スタッフオススメの<br>スタイリングをご紹介!
  • 過去の特集はこちらから