みなさんこんにちは。北相模です。
11月末から一気に寒くなりましたね!
アウターを着ないと耐えられない気温ですね。
毎年この時期には、必需品となるアウター。数あるワードローブの中でも比較的値の張るアイテム。だからこそ、長く着られるスタンダードな1着を持ちたい。
今回は、トレンドも踏まえつつおススメの15着を紹介させて頂きます。

パタゴニアの定番レトロパイル。
アウター、中間着、色々な着方が出来る優秀なアイテム。
身体に馴染むすっきりとしたシルエット。
雨の日は、この上からトレントシェルを羽織ればもう最強。

12通りの着方が楽しめる優れもの。
ダウンベストとダウンカーディガンのぽかぽかセット。ベストの上からカーディガンでもOK。しかも両方リバーシブル。

  • MANASTASH×TAION ¥24,200(税込)

バブアーといえば、やはりビデイル。
もともとは、乗馬用ジャケットとして生まれたアイテム。オイルドクロスが生み出す撥水性と耐久性は抜群。

洗いざらしで仕上げられたコーデュロイのムラ感により、非常に雰囲気のある一枚。
裏地にはしっかりボアがライニングされた、抜群に暖かいアウター。

SOUTH2 WEST8とMarmotのコラボアイテム。
760フィルパワーのダウンとGORE-TEX生地を採用した贅沢な一着。
ポケットは全て、グローブをしたままでも開閉できるマグネット式スナップボタン。
とにかく半端じゃないかっこよさ。

  • SOUTH2 WEST8×Marmot ¥97,900(税込)

キルティングのライナーは今年のマストアイテム。
ワイドパンツにスウェットにゆるゆるで合わせたい。
レディースでも着やすいシルエット。

  • BORN FREE Originals ¥11,000(税込)

GORE TEX INFINIUMの生地が使用されているバルトロ。完璧なデザインと防寒性。一着は持っておきたいアイテム。

  • THE NORTH FACE ¥60,500(税込)

老舗アメリカブランドL.L.Bean。
防寒性のある厚手のフリースの裏地にはメッシュ生地が使用され、ストレスなく着用できる。
しかも洗濯可能だから、アウトドアでも汚れを気にせず着れちゃう。

  • L.L.Bean ¥16,500(税込)

隠れファンの多いWILD THINGS。
肌あたりの非常に良いシャギーフリース。クラシック感のあるこの総柄は、今年のイチオシ。

  • WILD THINGS ¥12,980(税込)

2layerのビデイルは、オイルドクロスが苦手な方には丁度良いアイテム。
生地を2層にする事で、防風性、撥水性を高めたモデル。
非常に品があり、アーバンな雰囲気に仕上がっているこのジャケットは、普段着からスーツスタイルまで幅広く使える優等生。

  • Barbour ¥48,400(税込)

人とは違うアウターが良いならコレ!
抜群の存在感を放つレオパード柄のフェイクファー。
緩めなシルエットのAラインは、トラックパンツでスタイリッシュに合わせたい。

  • NEEDLES ¥61,600(税込)

撥水性、防風性に優れたAURORA-TEX生地。
タウンユースに使い勝手の良いデザイン、シルエット。
一度着ると、760フィルパワーのダウンの温かさはもう手放せない。

DANTON新作のハイパイルフリースは、軽量かつなめらかな肌触りがたまらない1着。
着回しNO.1フリース。

THE NORTH FACE名作マウンテンダウンジャケット。GORE-TEXを採用した防水ダウンジャケット。
環境を考慮したリサイクルダウンが高い保温性を発揮。
ハイスペックなアウターならこれが良い。

  • THE NORTH FACE ¥68,200(税込)

火を気にせず、暖かく快適に焚き火するならこれ。 無骨さのあるデザインはデニムやブーツ、アメカジスタイルで合わせたい。

YU KITASAGAMI
@BORN FREE MEN'S BUYER

いやー、やっぱりTHE NORTH FACEカッコいいです。
アウトドアブランドの中でも都会感のある、洗礼されたデザインが大好きです。
毎シーズンSUPREMEとのコラボも見逃せないですね。
さて、今年はどれを買おうかな。