5 movies that feel FASHION
-FASHIONを感じる映画 5選-

家にいる事が多い昨今、
中々服を楽しめていない方も多いのでは?
という訳で、
FASHION目線でオススメの映画を5つ、ご紹介しようと思います!!

KIDS
1995制作 / US

本編自体はセックスや薬物使用等の描写を含む10代のストリート キッズに焦点を当てたドキュメンタリー的な映画ですが、 1990年代のアメリカをリアルに映し出している点において、とても参考になる作品です。
なんでもないT-シャツとボトムのコーディネイトも気の抜けたサイジングと相まって、今のスタイリングにもハマると思います。

また、監督のラリー・クラークは写真家としても著名で、錚々たるブランドに写真提供している点もPOINTかと…。

Buffalo '66
1998制作 / US

5年の刑期を終え、偽りの恋から始まる恋愛と家族との葛藤をロードムービー風に仕上げた作品。
個性派揃いのキャスティングに加え、固定カメラ中心の撮影方法等、低予算ながらも独特の手法で、カルト的な人気を誇る本作は、 公開当時、大きな人気を博しました。

GRAY基調の描写に加え、タイトながらもファッショナブルなスタイリング等も見所と一つ。
劇中に用いられる音楽も必聴です。

Buena Vista Social Club
1999制作 / DR・US・FR・CU共作

義眼のギタリスト「ライ・クーダー」とキューバのミュージシャ達との演奏を軸に、彼らの来歴やキューバの日常を描いた音楽ドキュメンタリー。
太陽の陽射しが似合う南国の陽気な音楽も然る事ながら、彼らのスタイリングが断然カッコイイ。

ステージ上のスーツスタイルだけでなく、日常で何気なく組み合わせているミリタリーシャツとスラックスとのコーディネイトや、 ハット等の被り物も見逃せません。

Bill Cunningham & New York
2010制作 / US

ニューヨーク・タイムズの人気ファッション・コラム「ON THE STREET」を長年担当するニューヨークの名物フォトグラファー、 ビル・カニンガムの日常に迫ったドキュメンタリー作品。
彼に撮られる事がニューヨーカーのステータスと評されるだけあって、劇中に出てくる人々がファッションとしての楽しさを再認識させてくれる事、 間違い無し!!

コレだから、FASHIONはやめられない!!と思う事、ウケアイデス。

BILL EVANS TIME REMEMBERED
2015制作 / US

数々の名盤を残し、後世のJAZZに多大な影響を与えたビル・エヴァンスの生涯に様々な角度から迫ったドキュメンタリー。
FASHION業界のデザイナーにも彼の音楽が好きという人も多く、デザインをする上で、インスピレーションの一つになっている事も。
特に彼のスーツの着こなしはエレガントでありながら、JAZZという自由さを求める音楽性にとてもマッチしていると思います。

ビル本人の着こなしはモチロン、一緒に演奏しているジャズマンたちの服装もお見逃しなく。